スピリチュアルな夢の声明から80年の人間を想像して何を教える?

中野裕弓君というお客様の読物でまだまだスピの助言があって見た夢の言伝を考えてみたりシンクロニティを関心(おなじことがおきる共機会性)する事を書かれています。念願は考えからの言伝でスピリチュアルなケースに繋がるとか。次いで夕べ見た念願を(印象的なら)それほど意識するようにしています。前日おや!というような爆笑念願で何だか80年齢って自分で人様に答えておる念願。朝起きて本棚の読物をそれとなくまくるって゛80年齢の概念″の書き物が!ジュリアキャメロンという人の読物で「もっとやりたかったことをやりなさい」に時間観光という章があり80年齢の自分から現在の自分に何を伝えるか考えてみようと書かれていてちょっと思ったのは50年齢を過ぎて追い掛ける人気や念願をイマジネーションしました。間もなく思ったのはオーラソーマカラーセラピーを探求する時、そうして何だか婚礼のお花に関する事を働くような考えがしました♪即刻というわけではないけど読物に書かれている80年齢の自分が一生を振り返った機会何をしたかったか、一生で贔屓だった事は?って聞かれたら恐らくは…あたしは自分が好きで選んだ事はあれこれ好きで楽しかったと答えると思いました。次いで此度、こういうふたつが未だにきちんと経験していないのでやってみたいと念願からの言伝が届いたのかもしれません♪公式さいとはこちらからご覧くださいね